審美歯科

歯を白くきれいにすることで、
お口への意識が高まり、表情にも自信が表れてきます。

詰め物や被せ物を白く目立たないものに

虫歯治療で歯を削った後は、その穴に詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)をはめ込みます。詰め物や被せ物に使用する素材は様々な種類の中から選ぶことができ、白くて目立たないもの、汚れが付きにくいもの、保険が適用できるもの、丈夫なものなど、それぞれに特徴があります。実際に治療を行う際には、資料や模型をお見せしながら説明をさせて頂き、患者さまに納得のいくものをお選び頂くようにしています。

浅い虫歯の詰め物(インレー)の種類
 金銀パラジウム合金インレーハイブリッドレジンインレーセラミックインレージルコニアインレー
素材 金と銀とパラジウムの合金 プラスチックとセラミックの混合物 セラミック ジルコニウムの酸化物(人工ダイヤモンドとも呼ばれる)
見た目 ☆☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
変色のしにくさ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
丈夫さ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
身体との相性 ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
口臭の出にくさ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
備考 保険適応 金属を使用しない為、金属アレルギーの心配がありません。見た目は良いですが、何年かすると色が黄ばむことがあります(プラスティックの成分を含む為) 金属を使用しない為、金属アレルギーの心配がありません。(歯に近い透明感、色が再現されます。)
非常に硬い材質ですが、誤って極端に硬い物を噛んでしまうと割れる場合もあります。変色はほとんどありません。 最も適合が良いので二次的な虫歯になりにくいです。
(金属なので見た目はよくありません。)
深い虫歯のかぶせ物(クラウン)の種類
 硬質レジン前装クラウン金銀パラジウム合金クラウンハイブリッドレジンクラウンメタル
セラミッククラウン
ジルコニアクラウン
素材 表はプラスチック、裏は金属 金と銀とパラジウムの合金 プラスチックとセラミックの混合物 セラミック ジルコニウムの酸化物(人工ダイヤモンドとも呼ばれる)
見た目 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
変色のしにくさ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
丈夫さ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
身体との相性 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
口臭の出にくさ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
備考 保険適応 金属を使用しない為、金属アレルギーの心配がありません。
見た目は良いですが、何度かすると色が黄ばむことがあります。(プラスティック成分を含む為)
かみ合わせの状態によっては使用できないこともあります。 金属でみえる部分にセラミックを貼り付けたものです。
色が歯に近いので見た目が良いです。変色はありません。
中身が金属なので割れにくくどの部位にも使用できます。
金属アレルギーは他の金属を使用するものより可能性は低いですが全くないということはありません。 自然な歯に色や透明感がとても近いので審美的には一番すぐれています。
金属の1/3の比重なので軽く、金属よりも硬いです。
ほとんどの部位にも使用でき、汚れがつきにくく、経年的な変色もありません。
~ミニコラム「メタルフリーの時代へ」~
実は、歯の治療で金属を使うのは日本くらいだということをみなさんは知っていましたか?詰め物や被せ物を作る時は、金属を熱して溶かしてから型に入れて冷やすのですが、この時にどうしても収縮してしまうのです。そのため装着した時に隙間ができてしまい、二次虫歯を引き起こす原因になります。もちろん、当院ではできるだけ精密なものをお作りしてセメントで隙間を埋めるように治療していますが、金属の収縮やセメントが溶け出すということ自体を防ぐのは難しいというのが正直なところです。また、金属アレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。こういった理由から、海外では金属を使わないのが当たり前で、日本でも金属を使わない「メタルフリー」という考えを広める活動をしている歯科医師や技工士も増えてきています

ホワイトニング

歯のクリーニングとホワイトニングの違いは、クリーニングは歯の表面についた色素(ステイン)を取り除き、歯本来の色に戻します。ホワイトニングは自分本来の色より更に白くしたいときに歯の内側から白くする方法(ブリーチング)です。

白くなる時間には個人差があり、また、同じ人の歯でも白くなりやすい歯と、なりにくい歯があります。歯の部位に違いもあります。

歯は年齢と共に徐々に着色してくるものであり、ホワイトニングした歯も同じように着色してきます。また、毎日お手入れをしていても数年で再び着色してくる事があります。このスピードは摂取食品や嗜好品によって左右されます。たばこ、コーヒー、紅茶、コーラ、カレー、赤ワインなどが歯の着色を早めます。もし再着色が認められたら、1年に1~2回の追加ホワイトニングを行う事により、ホワイトニングした直後の白さに戻ります。

治療期間は2~4週間程度です(個人差があります)。それ以上の場合もあります。また患者様がどれだけの白さを目指すかでも期間は前後します。

一日の使用時間は特に指定はありませんが最初は2時間スタートで凍みたりしなければ6時間くらいお願いする事もあります(就寝時など)。

一日に長い時間使用する事により早く効果が表れると考えます。

場合によって治療期間中、知覚過敏で歯がしみるような症状が起きることがあります。その場合も、治療を一時中断することで症状は軽減します。しみる場合はお知らせ下さい。

通常は数日後に効果が現れ始めます。しっかり2週間以上は続けることで効果がはっきりでます。

患者さんにご協力していただく事が多いですが、一緒に綺麗な白い歯を取り戻すように頑張りましょう!

当院は、TiONのホワイトニングシステムを採用しています。
TiONのホワイトニングの特徴
  • ホワイトニング材が液体ではなくジェル状のため扱いやすい
  • ジェルが透明ではなく白いため、全体に塗布できていることを目で確認できる
  • 柔軟性がある素材でトレーをお作りするため、装着中も快適
  • 自然で透明感のある白さが得られる
  • 院長ヤスのブログ
  • スタッフの日常
  • 一般歯科
  • 小児、マタニティ
  • 審美
  • 予防・デンタルフロス
  • 入れ歯・ブリッジ・インプラント
  • 歯科助手・歯科衛生士募集中!経験は一切不問です!