2016.01.13更新

こんにちは!おかべ歯科クリニック、院長・岡部保幸です!

 

気付けば1月も半分・・・今年も一年が早く感じてしまうのかな(笑)

 

 

突然ですが、もし残念ながら虫歯になってしまった(ちょっと大きめ)時、

 

詰め物や被せ物をいれようとした時に、

 

「健康面」・・・二次的に虫歯になりにくい

 

「耐久性」・・・いかに長持ちするか

 

「審美性」・・・いわゆる見た目

 

のうち、どれが一番気になるでしょうか?

 

どの程度の大きさの虫歯か、またはどの部位の歯なのか?

 

などの条件もあって答えは様々かもしれません。

 

保険がきくものに例えば銀歯があります。

 

多く使用される材料に、正確な名称「金銀パラジウム合金」があります。

 

銀歯と言いましても、実は金12%、銀50%、銅15%、パラジウム20%、その他3%の

 

銀がメインの銀合金です。

 

銀の含有量が多いので見た感じ銀歯ということで100%銀ではありません。

 

ここで銀の悪口を言うのが目的ではないですが、

 

銀歯に関しては、上の3つのポイントは満たされにくい条件があるのです。

 

もちろん、どんな物を入れようと清掃性が悪いとダメですが。

 

当院ではこのほど患者様のご希望と患者様のお口にあった材料を詳しく

 

お話しさせていただく事に以前よりお時間をいただいて

 

お話しさせていただくようになりました。

 

もしかした、「以前にも聞いたよ」「知ってますよ!」などの

 

お声もあるかもしれませんが、お時間が許す限り情報提供させていただきます。

 

院長・ヤスglitterglittertooth

投稿者: おかべ歯科クリニック

  • 院長ヤスのブログ
  • スタッフの日常
  • 一般歯科
  • 小児、マタニティ
  • 審美
  • 予防・デンタルフロス
  • 入れ歯・ブリッジ・インプラント
  • 歯科助手・歯科衛生士募集中!経験は一切不問です!