一般歯科

痛くない、怖くない、安易に抜かない。
説明もしっかりと行います。

虫歯

できるだけ痛くない治療のために
虫歯の治療は痛くて怖いもの。そう思い込んでいませんか?当院では、できるだけ痛みをなくすための様々な工夫を取り入れています。表面麻酔を塗ってから麻酔を打つのはもちろんですが、一つひとつの処置を丁寧に進めていくことが何よりも大事です。ゆっくり麻酔を打てば液を注入する圧力がかからないため痛みを感じにくくなりますし、歯を削る処置もあのキーンという独特の音が出ない器具を使うことで恐怖感が和らぎます。何より院長が痛いのが大嫌いですので、痛みを抑えるための手間は惜しみません。また、不安を抱えた状態で治療を受けると痛みを感じやすいため、歯科医師はもちろん受付スタッフや衛生士も優しく患者さまに接するよう心がけています。
歯を残すことを目指して
虫歯が進行していくと、神経を取ったり、場合によっては歯を抜いたりしなければならないこともありますが、ご存知の通り一度歯を抜いてしまうと再び生えてくることはありません。そのため、当院ではできるだけ神経も歯そのものも残すように治療をします。また、歯を削る際も、できるだけ削る量を最小限に抑えるようにしています。ただし、虫歯や痛みを残したままにする訳ではありませんのでご安心ください。
虫歯のことを知っておきましょう
虫歯の基本的な知識を知っておくことが、予防や早期治療に繋がります。難しいことを理解する必要はありませんので、まずは虫歯の進行について簡単に知っておいて頂ければと思います。虫歯は通常歯の表面にできて、少しずつ歯の中や根っこにまで進行していきます(進行度合いによってC0、C1、C2……と名前がついています)。早期に治療をすれば痛みはほとんどなく、治療回数も少なくて済むということをしっかりと認識しておきましょう。
”虫歯のプロセス"
C0
歯の表面(エナメル質)が少しだけ虫歯になっている状態で、穴はありません。歯みがきやクリーニングだけで治るため、この時点で気付いて治療を始めることができれば、歯を削る治療は必要ありません。
C1
歯の表面(エナメル質)が溶けて穴ができている状態です。歯を削って詰める治療をしますが、痛みはなく麻酔も必要ありません。
C2
虫歯が歯の中(象牙質)にまで進み、痛みを感じるようになります。削って詰める治療をしますが、その際、麻酔が必要なこともあります。
C3
虫歯が歯の中にある神経(歯髄)にまで達した状態で、激しい痛みを伴うことがあります。
C4
虫歯が歯の根っこまで進んだ状態です。歯の根っこを治療して残せることもありますが、抜くしかないということも珍しくありません。歯を定期的にチェックして、早期に治療することの重要性がお分かり頂けましたでしょうか?我慢して痛みが酷くなると、麻酔も効きにくくなってしまいます。定期検診を受けるのはもちろん、もし痛みを感じたらすぐに治療を受けるようにしましょう。

歯周病

歯周病は歯を失う原因第1位
歳を取ればいつかは歯が抜けてしまうもの。なんとなくそんな認識をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。しかし、実は大人になって歯が抜けてしまうのは、(もちろん全てではありませんが)歯周病が関係しているのです。今ではテレビや雑誌などのメディアでも歯周病の怖さが取り上げられるようになってきましたが、自覚症状がほとんどないため「まだ大丈夫」「自分には関係ない」と思ってしまっている方もまだまだたくさんいます。大人になってからは、虫歯よりも歯周病のケアが重要です。正しい歯みがき、定期検診、クリーニング。これらを欠かさずに続けていき、歯周病菌をお口の中で繁殖させないようにしましょう。
当院の歯周病治療
歯周病は細菌によって骨が溶かされてしまう病気ですが、一度溶けた骨は基本的には元に戻りません(骨を戻す治療も存在しますが適応症例や戻せる骨の量は限定的です)。そのため、歯周病治療はとにかくお口の中を清潔な状態にすることが基本になります。もちろん、当院では歯周病治療においてもできるだけ歯を残すことを目指していますが、グラグラになってきた歯を残していくには、患者さまのご協力も欠かせません。毎日の歯みがきを改善すること、そして歯科医院で定期的にクリーニングを受けること。これらをしっかりと続けていくようにしましょう。
  • 院長ヤスのブログ
  • スタッフの日常
  • 一般歯科
  • 小児、マタニティ
  • 審美
  • 予防・デンタルフロス
  • 入れ歯・ブリッジ・インプラント
  • 歯科助手・歯科衛生士募集中!経験は一切不問です!