入れ歯・ブリッジ・インプラント

歯を失ってしまったら
早めに、機能と見た目を取り戻す治療を。

入れ歯

入れ歯は、歯を削ったり口腔外科手術をしたりする必要がなく、比較的簡単に治療を受けることができます。一方で、装着時の違和感が気になる、固いものが噛みづらい、見た目が気になるといったデメリットもあります。ただし、こういったデメリットを払拭するための特別な入れ歯もありますので、当院では患者さまのご希望を伺いながら、どの入れ歯が最も適しているかを提案させて頂くようにしています。

金属床の入れ歯
床(土台)が金属でできている入れ歯です。金属は、コバルトクロムかチタンのどちらかをお選び頂くことができますが、チタンの方がより薄く・軽い・身体との相性がいい、という特徴があります。
金属床入れ歯のメリット
  • 金属は熱を通すので食事の温度を感じやすい
  • 薄く作ることができる
  • 壊れにくい
  • 変形しにくい
  • 長持ちする
  • しっかり噛める
  • 発音しやすい
  • 目立たない
ノンクラスプデンチャー

床(土台)がしなやかさで弾力のある樹脂でできています。通常の入れ歯には金属のバネが付いていますが、これを使わないため装着しても目立たないのが最大の特徴です。

ノンクラスプデンチャーのメリット

  • 目立たない
  • お口の中の違和感が少ない
  • 発音しやすい
  • しっかり噛める
  • 軽い

ブリッジ

ブリッジは、歯が抜けてしまったところの両側に残っている歯を支えにして、橋を渡すように人工歯を取り付ける治療方法です。残っている歯で支えるため、入れ歯よりも強く噛めますが、支えにする歯を削らなければなりません。

汚れが付きにくい素材がお勧めです
人工歯は少し浮いている状態で装着されることになりますので、お掃除がしにくいというデメリットがあります。そのため、取り付ける人工歯の素材は、汚れが付きにくいものをお選び頂くのがお勧めです。 汚れが付きにくい素材についてはこちらをご覧ください。>>被せ物(クラウン)の種類
削る量をできるだけ少なく
歯の寿命を短くしないためにも、健康な歯はできるだけ削りたくないものです。そのため、当院では、通常よりも支える歯を削る量を減らしてブリッジを取り付ける治療(インレーブリッジ)も行っています。全てにこの方法が適応できる訳ではありませんが、できるだけこの方法を採用して、健康な歯を削る量を少なくするようにしています。

インプラント

インプラントは、歯が抜けてしまったところにチタン製の歯の根っこを埋め込んで、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。入れ歯やブリッジと比べて、最も自然な見た目に仕上がり、違和感なく食事をすることもできます。ただし、口腔外科手術が必要で、治療期間が半年近くかかります。また、保険は適用されません。

国産の人工歯根(インプラント)を使用
人工歯根を作っているメーカーはたくさんありますが、当院では京セラメディカル社のものを使用しています。国産ですので日本人のお口に合っているのはもちろん、埋め込んだ時に骨とくっつきやすいように加工してありますので、治療期間が短くなり、よりしっかりと人工歯を支えることができます。
安全なインプラント治療
インプラント治療の事故がメディアで取り上げられるようになり、不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。当院では、衛生管理を徹底しているのはもちろん、インプラント治療の適応性が低い患者さまに無理をして手術することはありません(インプラント治療が難しい場合はそうお伝えします)。インプラントは見た目も機能も回復する素晴らしい治療法ですが、誰もが適応できるという訳ではありません。しっかりと検査をした上で、この治療が最も良い選択であると思われる患者さまにのみ実施をさせて頂くようにしています。
  • 院長ヤスのブログ
  • スタッフの日常
  • 一般歯科
  • 小児、マタニティ
  • 審美
  • 予防・デンタルフロス
  • 入れ歯・ブリッジ・インプラント
  • 歯科助手・歯科衛生士募集中!経験は一切不問です!